「虎に翼」猪爪寅子のモデルは三淵嘉子!明治大学出身で日本初の女性弁護士で裁判官!

当ページのリンクには広告が含まれています。
「虎に翼」猪爪寅子のモデルは三淵嘉子!明治大学出身で日本初の女性弁護士・裁判官!

2024年4月1日放送開始のNHK朝ドラ「虎に翼」のヒロイン・猪爪寅子(伊藤沙莉)のモデルは三淵嘉子(みぶちよしこ)さんです。

三淵嘉子さんは、明治大学のご出身で日本初の女性弁護士であり、後に裁判官となった人物。

この記事では、「虎に翼」ヒロイン・猪爪寅子のモデルとなった三淵嘉子さんはどのような方だったのかその人物像について、また、ヒロイン・猪爪寅子を演じる伊藤沙莉さんについてご紹介していきます。

目次

「虎に翼」猪爪寅子のモデルは三淵嘉子!明治大学出身で日本初の女性弁護士で裁判官!

2024年4月1日放送開始のNHK朝ドラ「虎に翼」のヒロイン・猪爪寅子のモデルとなったのは三淵嘉子さんです。。

三淵嘉子さんは、明治大学のご出身で日本初の女性弁護士、後に裁判官となった人物。

三淵嘉子さんについてご紹介していきます。

https://www.yomiuri.co.jp/

出生

三淵嘉子(旧姓武藤)さんは、台湾銀行勤務に勤務する父・武藤貞雄さんと母・ノブさんの長女としてシンガポールで生まれ、新嘉坡(シンガポール)にちなんで「嘉子」と名付けられたそうです。

その後、父・貞雄さんがニューヨーク勤務となったことで、母・ノブさんや三淵嘉子さんは母・ノブさんの実家の香川県丸亀市にて暮らしていましたが、

1920(大正9)年に父・貞雄さんが帰国したことで、揃って東京都渋谷区に転居。

父・貞雄さんは、当時としては珍しい男女平等の考え方の持ち主で、嘉子さんに対し、幼いころからこのように話されていたそうです。

「ただ普通のお嫁さんになる女にはなるな、男と同じやうに政治でも、経済でも理解できるようになれ、それには何か専門の仕事をもつ為の勉強をしなさい。医者になるか弁護士はどうか」

家庭に入り専業主婦になるのではなく、仕事を持ち、働くことを推奨する考え方を持たれていた父・貞雄さんに影響を受け、

嘉子さんは1932(昭和7)年3月にお茶の水女子大学の前身である東京女子高等師範学校附属高等女学校を卒業後、法律を学ぶことを決意されたそうです。

「虎に翼」では、父・貞雄さんをモデルとした猪爪直言(いのつめ・なおこと)を岡部たかしさん、

©NHK

母・ノブさんをモデルとした猪爪はるを石田ゆり子さんが演じられます。

©NHK

弁護士になるまで

嘉子さんが東京女子高等師範学校附属高等女学校を卒業した翌年の1933(昭和8)年5月に弁護士法改正が改正され、女性も弁護士となることが認められることになるのですが、

嘉子さんが高等女学校を卒業した年には、女子が法学を学ぶことができる専門の学校は弁護士法改正を見越して1929(昭和4)年に創設された明治大学専門部女子部法科(3年制)の1校しかなく、

嘉子さんは、1932(昭和7)年4月に第4期生として、明治大学専門部女子部法科に入学されました。

父・貞雄さんは「女子であっても仕事を持つべき」とする考えの持ち主でしたが、母・ノブさんの考えは異なっており、「法律を勉強するなんて、嫁の貰い手が無くなる」と泣きながら嘉子さんの入学を猛反対されたそうです。

その後、明治大学専門部女子部法科を卒業した1935(昭和10)年には、明治大学法学部に編入。

そして、1938年に高等試験司法科試験に合格し、明治大学を卒業。

1940年に第二東京弁護士会に弁護士登録し、明治大学で同窓だった中田正子さん、久米愛さんと共に日本初の女性弁護士となられました。

女性初の快挙ということで、当時の新聞には大きく取り上げられたそうです↓

https://www.lib.meiji.ac.jp/

「虎に翼」では、中田正子さんをモデルとした桜川涼子を桜井ユキさん、

©NHK

久米愛さんをモデルとした山田よねを土居志央梨さんが演じられます。

©NHK

結婚

弁護士となった翌年の 1941(昭和16)年11月に、実家である武藤家の書生をしていた和田芳夫さんとご結婚され、1943(昭和18)年1月には第一子である芳武さんを出産されました。

ですが、夫・芳夫さんは、1944(昭和19)年6月に招集され、その後召集先の中国で発病。

1946年に帰国するのですが、長崎の陸軍病院に送られ、そのまま病死。

芳夫さんの死に目には立ち会うことはできなかったそうです。

嘉子さんは、当時まだ3歳の幼い芳武さんを連れ、福島に疎開するなど大変苦労されたようです。

「虎に翼」にて、和田芳夫さんをモデルとした佐田優三を演じるのは仲野太賀さんです。

©NHK

佐田優三のモデルとなった和田芳夫さんについては、こちらの記事に詳しく書いてあります↓

「虎に翼」佐田優三(仲野太賀)のモデルは和田芳夫!三淵嘉子・最初の夫との別れとは?

裁判官となるまで

嘉子さんは、幼い我が子を育てるため裁判官になることを決意し、1947(昭和22)年3月裁判官採用願を司法省に提出。

ですがこの時、裁判官としての採用はされず、司法省民事局での勤務を経て、最高裁判所発足時には最高裁民事局局付、家庭局創設時には初代の家庭局局付に就任されました。

裁判官採用願を提出した2年後の1949(昭和24)年6月に東京地裁判事補となり、そして1952年、名古屋地方裁判所で初の女性判事となられました。

再婚

名古屋での勤務を終えた嘉子さんは東京に戻り、1956(昭和31)年8月41歳の時に最高裁調査官の三淵乾太郎さんと再婚され、三淵姓となられました。

夫となった三淵乾太郎さんは、初代最高裁長官・三淵忠彦さんの長男。

前妻を病気で亡くし、4人の子ども(1男3女)をお持ちだったそうです。

三淵乾太郎さんをモデルとした星航一を演じられるのは岡田将生さんです。

https://moviewalker.jp/

「虎に翼」のヒロイン・猪爪寅子を演じるのは伊藤沙莉!

「虎に翼」のヒロイン・猪爪寅子を演じる伊藤沙莉さんについてご紹介させて頂きます。

https://alpha-agency.com/
生年月日1994年5月4日
出身地千葉県
身長151 cm
血液型A型
兄弟兄はお笑いコンビ「オズワルド」の伊藤俊介

元々はダンサー志望だったものの、9歳の時に2003年にドラマ「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で芸能界デビュー。

2005年のドラマ「女王の教室」にていじめっ子の役を演じたことで注目を浴び、2007年公開の映画「兎のダンス」では主演を務められました。

また、2015年には女性同士の恋愛を描いた連続ドラマ「トランジットガールズ」にて佐久間由衣さんとともに主演を務めたことで話題に。

数多くの作品にご出演されているとともに、その演技力も高く評価されており、2018年11月には「第10回TAMA映画賞」最優秀新進女優賞を受賞。

2019年2月には「第40回ヨコハマ映画祭」助演女優賞を受賞。

また、2021年2月には映画「劇場」「ホテルローヤル」「十二単衣を着た悪魔」の演技で「第63回ブルーリボン賞」助演女優賞を受賞するなど、多くの賞を獲得されています。

まとめ

2024年4月1日放送開始のNHK朝ドラ「虎に翼」のヒロイン・猪爪寅子のモデルとなった三淵嘉子(みぶちよしこ)さんについてまとめてみました。

三淵嘉子さんは、明治大学のご出身で日本初の女性弁護士、後に裁判官となった人物です。

父・貞雄さんの「女性も仕事を持つべき」という考えに影響を受け、母・ノブさんからの反対を受けながらも法学を学ぶため明治大学専門部女子部法科に入学。

日本初の女性弁護士、そして女性裁判官となられました。

「女性は家庭に入るもの」という考え方が根強かった時代において、自らのキャリアを築き上げた三淵嘉子さんの半生を描く「虎に翼」。

放送開始がたのしみです。

関連記事はこちら↓

「虎に翼」 猪爪直道のモデルは?三淵嘉子の弟・一郎の可能性!

「虎に翼」佐田優三(仲野太賀)のモデルは和田芳夫!三淵嘉子・最初の夫との別れとは?

「虎に翼」直明の子役は誰?永瀬 矢紘と正垣湊都のプロフィールと出演作品まとめ!

「虎に翼」ヒロインモデル三淵嘉子の家系図!夫・両親・子供たちとはこう繋がる!

「虎に翼」ヒロイン結婚相手役は仲野太賀と岡田将生!?岩田剛典は初恋の人役?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次